街コン体験談 第1章 その1【感想】人生で初めて東京渋谷の街コンに行ってきました【マジ語り】

この記事は5分で読めます

スクリーンショット 2014-10-21 14.40.09

こんにちは、オテモです。

 

さぁ、いよいよ今回からオテモ体験談のスタートしました。
(まだ第0章をお読みになっていない方はコチラからご覧ください)

 

記念すべき第1回は初めての僕の街コン体験談です。

 

何と言っても今回はが僕にとっての初めての街コン!

 

ぶっちゃけ元・対人恐怖症なのと、このような完璧なアウェーな環境に行くので
半端なく緊張しております(笑)
ガクガクガクガク (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

 

だけど、がんばりますよー!

 

 

オテモ、いきまーす!!!!!

 

 

 

 

ちなみに僕が今回参加する街コンは東京渋谷で行なわれるコチラ

 

スクリーンショット 2014-10-21 14.40.09

40対40の街コンで

 

参加資格が

男性:25~35歳の学生および社会人の方
女性:20~32歳の学生および社会人の方

の歳の差パーティーです。

 

この街コンに決めた理由は
途中で「交流シャッフルゲーム」があるからです。

 

普通の合コンとかデートでもそうですけど、
このような「ゲーム」をやった後って

 

その話題で盛り上がれたり、
ゲームを通して一気に距離が縮まったりするので
本当に良いんですよね〜

 

また、歳の差パーティーした理由は単純に
僕の女性のストライクゾーンが今回の女性参加資格の年代とかぶったからです(笑)

 

あとは街コンって店舗を転々と移動する型が多いみたいなのですが
この街コンは一店舗でずっと入れるので、

「盛り上がった時に移動で冷めてしまう」

っというリスクを排除してコレに今回は決めました。
(移動型も今後行ってみたいですね)

 

 

 

 

 

さぁ、こんな人生初めての街コンですが
街コンがに行く前から僕の中では戦いは始まっています。

 

まずは、身だしなみです。

 

髪型を整えるのはもちろんのこと、
眉毛、鼻毛、ヒゲ等、顔周りは徹底的にキレイにします。

 

そして、最も重要な「服装」

 

僕は街コンには人生は初参加なのですが、
仕事上のセミナー等の懇親会には良く出席するのですが、

 

この時にダサい人より、オシャレな人の方が
ビジネスの場であっても好感度が良いですし、周りに人が集まる事が多いのです。

 

っということで、僕の中では今回のような場では、
Gパンや襟のないTシャツや思い切りスニーカー見える靴はNG。

 

っというわけで、このような服装で挑みます。

 

黒のジャケットに

IMG_3254

ストライプのボタンダウンのシャツ

IMG_3255

 

アーガイル柄のVシャツ

IMG_3265

 

黒のパンツ

IMG_3256

 

 

っで、全体でこんな感じになりました。

IMG_3257

※写りが悪くてすみません^^;

 

特に持ち物はないのですが手ぶらだと何ですので、
カバンは僕が仕事で使っているコイツを一応持っていきます。

IMG_3269

「タケオキクチ」というブランドもので

皮の高級感が好きなので愛用しているヤツです。

 

後は、口臭エチケットや目薬(僕は目が充血をしやすいので)
を持って準備ok。

 

 

さぁ、そんなわけでいよいよ電車で戦場に向かいます!

 

 

ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン(移動中・・・・ )

 

 

 

まず約1時間電車に乗り、決戦の地【渋谷】に着きました。

IMG_3258

そこから徒歩で数分・・・・・会場にも着きました!

IMG_3262

このビルの5階にあるのですが何か怪しい雰囲気がプンプンしますね・・・。

 

 

 

そして、受付が19:45からなのですが
僕が会場に着いたのは19:45・・・・・・

 

 

何かめっちゃ気合いが入っている人みたいでヤダなー(;´Д`)

 

 

そう思いつつ会場に行きで受付へ

(会場内は撮影禁止なので中の様子は撮れません・・・・・残念。ですので、ここから先の画像はイメージ図になります。)

 

 

受付では

「身分証明書を出してください」

と言われ免許証を提示した後に

 

スタッフ「後でゲームで使いますのでとっておいてください!」

 

っとトランプのカード1枚とチラシを貰って会場へGO!

 

※もらったチラシ(折ってポケットにしまったら汚くなってしました^^;)

IMG_3267

IMG_3268

ちなみに僕の今回の会場はコチラ

 

スクリーンショット 2014-10-21 15.39.23
中々雰囲気があって店の雰囲気はgoodですね。

 

 

そして、時間が早すぎたせいかまだ会場には誰もいない・・・・
っと思ったら、20後半〜30代前半って感じの(まぁまぁ綺麗な)2人組の女性が
ソファーに座っていました。

 

 

「お、コイツはチャンスだ!」

 

っと思い、先手必勝!っと思い声を掛けました。

PAK86_akusyuwomotomeru20131223500-thumb-900x600-4597

オテモ「どうも、こんばんはー」

女性その1「こんばんはー」

女性その2「こんばんはー」

オテモ「今日って会場入りって19:45からですよね・・・・?」

女性その2「そうですよー」

オテモ「よかった。てか早く来すぎたなー^^;何か気合いっているみたいでヤダな(笑)」

女性その1「私たちもちょうどそんな話をしていました(笑)」

 

・・・・・っとこんな感じでお酒もまだ入っていないのでお互い緊張しがちで、
その2人組と色々と話していたら、次々と人が入ってきました。

 

そこで感じたのは、

 

女の子は2人組が多いのは予想通りでしたが、
なんと男性陣も殆ど2人組。

 

しかも男女比は1:1のはずが、
どう見ても男性が多くて女性が少ない感じ。

 

となると、男二人組の方がどう考えても女の子と喋りかけやすいので
一人で来ている僕は状況的に不利になります。

 

オテモ「おぉ、これはピンチですね・・・・だけど恋愛を勉強してない野郎どもには絶対に負けないぜ!」

会場に入るまでは

ガクガクガクガク (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

な僕でしたが、

会場に入って、すぐに女の子と話せてウォーミングUPが出来たことと、

 

この逆境な状況に

「不利?関係ないね。やってやんよ」

images

っとなり、実力が本領発揮できるモードになりました。

 

そして、僕の気合いが入ったところで、

私服のだるそうなスタッフから

「そろそろ、始めますのでカウンターにある飲み物とってくださーい」

電波の入りが悪いカスカスのマイクで乾杯の号令。

 

 

 

周りにいる人たちと、とりあえず乾杯をしました。

JSK542_kanpai500-thumb-711x500-2843

 

 

 

いよいよ、始まるオテモにとって人生初めての街コン!!

 

 

 

 

そしてオテモが一番最初にとった行動とは!?

 

 

 

オテモ「とりあえず、お腹が空いたから飯を食べよう」

 

 

 

ズコー

 

あなた「実力が本領発揮できるモードとか言ってて、まずは飯とか舐めてんのか!」

オテモ「だってお腹が空いてたんですもの・・・・」

 

っということで、オテモは乾杯の飲み物をソファのテーブルに置き、
まずはお腹を満たす為に食べ物を取りに行きました。

 

そして、食べ物をとってテーブルに戻ろうと
目線をテーブルに写した瞬間、

 

な、なんと!

 

オテモがいた席には既に他の男に占領されていて、
オテモは元のいた場所に戻れなくなっていたのです。

 

オテモ「なにー!!」

 

最初に話していた女の子2人組を
あっさり他の男に取られたオテモ。

 

 

 

そして、自分の居場所を失ったオテモ。

 

 

 

また、周りの男どもは頑張って女の子に話しかけに行っているので
フリーな女の子はどこにもいません。

 

そんなわけで既にスタートダッシュに遅れた男は
取り残されて男同士で話している人たちもいました。

 

あなた「ほーら、言わんこっちゃない。スタートが肝心なのにヘマしたな。オテモ。」

オテモ「・・・・・まぁ、見ててくださいよ」

 

そんな状況にオテモは

 

 

 

オテモ「とりあえず飯を食べきったら、もう一杯ぐらいお酒を飲もう!」

 

 

 

 

・・・・・相変わらずのマイペース気味でした(;´Д`)

 

 

 

あなた「ふざけんじゃねーよ!何にが街コン体験談だ!女の子とちゃんと喋りやがれ!」

ナメンジャネー(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;’.・ グハァ

オテモ「ヒドイよ・・・ただ飯食べて飲んでいるわけではないのに。。。」

(´Д⊂ ナグルナンテヒドイヨ

 

 

 

そうなんです。

オテモはただ飯を食べているだけではなく、

「どんな女の子がいるか、どこならスムーズに会話に入り込めそうか、イケメンでモテそうなヤツがいるか」

等を観察しながら飲み食いをしていたのです。

 

可愛い子と探して、そこのスペースに入り込めそうかを見て、
その後、そのテーブルにイケメンがいないかどうかを見る。

 

イケメンがいないかどうかを見るのは、こういう街コン等の一発勝負のイベントでは
やはり外見が良い人に軍配が上がる事が多いのです。

 

ですから、個人的にイケメンと盛り上がっているテーブルに
入るのは「飛んで火に入る夏の虫」と思っているので、
そこには特攻していかないように僕は心がけているのです。

 

オテモ「よし、お腹も満たしたし、お酒でテンションも良い感じだし、最初仕込んだ【アレ】を切り口にして行きますか!」

LIG_h_agenttokeiwomiru500-thumb-750x500-3341

 

会場のだいたいの状況を把握し、お腹とテンションを整えたオテモは
いよいよこれから行動していきます!

 

 

⇨街コン体験談 第1章 その2 【空気】KYなおっさんが登場で女の子の本音がポロリ!【読めよ】につづく

 

 

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495 4520260207149g
button_002

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人・オテモ



こんにちは、オテモです。
(プロフィールはコチラ

このサイトは、元・対人恐怖症の彼女いない歴=年齢男の僕が、頑張っても彼女が作れない人のための応援サイトです。

僕は15歳〜23歳の8年間という非常に長い年月をかけ、やっとの思いで彼女を作る事に成功し、今では彼女で出来ない劣等感を抱える事なく幸せに過ごしております^^

その歩みを物語にしてみましたので宜しければご覧ください。僕がどのような人でどのように彼女を作ったかが丸わかりです(笑)

〜オテモの大逆転恋愛物語〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もくじ

オテモ@一押しコンテンツ!!

メールフォーム

恋愛運を上げよう↑↑

フォロー宜しくお願いします⭐︎

☆ブログランキングに参加中☆


純愛 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛下手へ
にほんブログ村

記事が面白かったり、タメになったら応援クリックをヨロシクお願いしますm(_ _)m