第五回 オテモ失敗日記 大学生・アルバイト編 好きな女の子とのデートを確実にokをもらうには、デートの前に◯◯をしておけば確率UP!?

この記事は8分で読めます

NKJ56_dateahiru500-thumb-819x500-2899

こんにちは、オテモです。

 

このコーナーでは

 

僕が今まで恋愛で失敗をした出来事を元に
彼女ができるようになった今の自分が、過去の自分にアドバイスをするコーナーです。

 

「え?過去のオテモの恋愛の失敗って『〜オテモの大逆転恋愛物語〜』に既に載ってたじゃん!」

 

っと思う方もいらっしゃるかと思いますが、
〜オテモの大逆転恋愛物語〜』に載せた失敗は

 

『ほんの一部』

 

であり、僕は他にも多くの恋愛での失敗をしているのです。

 

過去の僕は今の僕から見るとどっからどう見ても

「コイツ絶対モテない男だ!!!!!」

っと思うヤツなので(笑)

 

彼女が出来ず&モテずに困っている人には
とても参考になると思います^^;

 

それでは、自分の過去を暴露するのは正直恥ずかしいのですが、
思いきってやっていきますね!

 

 

 

第五回 オテモ失敗日記  大学生・アルバイト編

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※この話の時系列は

第5章 自殺も考えた暗黒時代!彼女いない歴=年齢で終えた学生生活!

で、オテモが対人恐怖症からたいぶ克服した時の出来事となっております。

(まだ『〜オテモの大逆転恋愛物語〜』を見てない方は先にこちらを見てね!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大学2年の夏

 

ホームセンターのバイトを辞めてから約一年。

 

オテモは実家住まいだったので、生活費には困らなかったのですが、
約一年間もバイトをしていなく、英会話に通ったりもしていたので
貯金がほぼ0円になっていました。

free-photo-money-coin

 

オテモ「これはヤバイな・・・・よし、そろそろ怖いけどバイトをしてみるか」

 

前の飲食店でバイトして対人恐怖症になったこともあり、
バイトを敬遠していたのですが、普段遊ぶお金に困ったオテモは

 

たまたま求人をとっていた近くの地元の薬局屋で
バイトをすることになりました。

 

そこの薬局屋ではたまたま中学生の頃の同級生が働いていたり、
店長もすごく人が良かったことから、オテモの頭の中にあった不安はすぐになくなり、

 

そして、女子高校生も数人そこの場所で働いていたので
自然とオテモのテンション上がりました(笑)

 

 

 

その後・・・・・・

 

 

 

オテモは最初、

「女子高生と付き合えるかも!」

っと期待しましたが、バイト先の女子高生たちには
既に彼氏がいたことが発覚し残念無念・・・・orz

 

しかし、その女子高生たちと色々と話をする(イジられる)うちに
徐々にオテモは女の子と喋るのに慣れてきたのです。

 

 

そんなこんなで半年が経った頃・・・・

 

 

突如、薬局屋の社員の間で人事異動が起こり、
若い女性の社員さんが入ってきました。

 

その社員さんは身長が高くモデルみたいな体型で
顔はアイドルのもえのあずき似。

 

 

萌えなー女の子が好きなオテモは
相変わらずの一目惚れしました(笑)

 

そして、その日からどうにかして、
その女性社員さん(あずきさん)と頑張ろうとしたのですが・・・・

 

 

 

オテモ「全然喋れる時間がない!!!!!」

 

 

 

そうなのです。

 

あずきさんは社員なので、夕方からバイトに入っていたオテモと会うときは
いつも働いる時なので、ゆっくり喋る機会が全然ないのです。

 

なので、仲良くなろうにも仲良くなれないオテモ。

 

オテモにとってこのように、話せるチャンスがないパターンは初めてだったので
とても歯がゆく感じ、どうにかして早く仲良くなろうと次第に気持ちが焦るようになりました。

MAX98_korkokoro20140531500-thumb-700x1050-4975

 

・・・・そんなある日のバイトに出勤日
オテモいつもバイトが開始する時間のギリギリに来る、

 

時間にルーズ野郎だったのですが、
その日はたまたまバイトに早く出勤したのです。

 

そして、荷物を置きに休憩室に入ったところ・・・・

 

 

なんと、あずきさんが休憩していたのです!

 

 

いつも話しかけたくても話すことができなかった
あずきさんが休憩室にいたことにオテモはビックリしました。

 

 

オテモ「お、お、おはようございます!」

あずき「あ、おはようございますぅー」

オテモ「・・・・・・・・・・・」

あずき「・・・・・・・・・・・」

 

 

 

なんか話さなきゃ!!
(゜д゜;三;゜д゜)アタフタアタフタ

 

 

 

オテモは急に訪れたこの状況で
何とか仲良くなろうと必死で頭を考えました。

 

 

そ、そうだ!

20081010_446654

 

 

オテモ「あ、あずきさん!もうこのお店慣れましたか?」

あずき「え、あ、はい、もう一ヶ月ぐらい経ちましたし何とか・・・」

オテモ「前は何店にいたの?」

あずき「◯◯店ですよぉ。」

オテモ「◯◯店だったんですか。俺行ったことありますよ。◯◯高校の近くのところですよね?」

あずき「そうですぅー詳しいですね^^」

 

 

 

そう、オテモはバイトで女子高生と話していたことによって
徐々に女の子とスムーズに会話できるようになっていたのです。

 

 

・・・・その後はこの時に話したこともあったせいか、
バイトに出勤した時に挨拶とともに、少しずつあずきさんと話すようになってきました。

 

またパートのおばさんの会話から、
あずきさんに今彼氏がいないこともわかりました。

 

 

この状況に、オテモは決意しました。

 

 

オテモ「結構いい感じになってきたと思うし、今後携帯の番号を聞いてみよう!」

 

このことを決意したオテモは、あずきさんと番号を交換するために
前にみたいに早くバイトに出勤すればまた会えると願い、
バイトの出勤日はいつも余裕をもって出勤するようになりました(苦笑)

 

 

 

時は経ち、数週間後・・・・・・

 

 

 

オテモは中々あずきさんと休憩室で鉢合わせることなく、

「もう早く来ても意味ねーかな」

っと考え始め、いつものように出勤してバイト先の休憩室の扉を開けた瞬間!!

 

 

オテモ「おはようございま・・・・・!!!!!」

 

 

あずきさんが休憩室の椅子に一人で座っているでないですか!

 

あずき「もぁ、おふぇもさん、もぉはようございもぁーすっぅ」

口にお菓子を頬張り、携帯をイジリながら挨拶をしたあずきさんに

 

「マジ萌ぇーーー(´Д`)ハァハァ」

 

っと思いながら(笑)

 

 

オテモはこのチャンスを逃さずに携帯の連絡先を聞くことに成功しました。

 

 

オテモ「やったぜ!やっと連絡先がきけたぜ!あとはデートにも誘って・・・・ムフフ♡」

C812_capwomotukoibito500-thumb-750x500-2512

 

まだ童貞のくせ、妄想が止まらないオテモは
念願のあずきさんの連絡先をgetして気分はルンルンでした。

 

 

そして、オテモは連絡先を交換した後に
何通かメールし、

 

今まで我慢していた思いもあってか、
あずきさんに

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
件名:今度仕事が休みの日とかに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あずきさん、こんにちは

今は仕事中かな〜?

来週、一緒にご飯でも食べに行かない?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

っと積極的なメールを送ったのです。

 

 

そしたら・・・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
件名:Re:今度仕事が休みの日とかに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オテモくん、ごめんねー

来週は予定がいっぱいなの^^;
だから厳しいかなー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

っと返って来ました。

 

オテモ「まぁ社会人だもんなぁ。また再来週ぐらいに誘ってみるか。」

 

っとオテモは思い、

 

世間話的なメールのやりとりをあずきさんとしつつ、
また再来週に今度こそ、っと思ってご飯の誘いのメールを
再度送ったところ・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと仕事が忙しくて無理なの、ごめんね(>_<)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

っというメール。

 

また断られたオテモ。

 

オテモ「おかしいなー。今回は現実で会ってちゃんと話すし、普通のメールも短文だけど送ると返って来るのに何でだろう」

 

今まではこのような感じでデートまでの展開にはいけたのに
誘いに乗ってこないあずきさんにオテモの頭の中は

「?????????」

っという状態でした。

 

それからも間を空けてオテモはデートに誘ってみたのですが

 

いつも返事は「ごめんなさい」

 

この状況が続いたのでオテモは

「俺にはもう無理だ・・・orz」

っと思い諦めてしまいましたとさ。。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

会話も悪い感じではないし、メールもそれなりに返事があって悪い感じはしない。
だけど、デートの誘いに応じない・・・。

 

こんなことってあなたも一度は経験あるのではないでしょうか?
このパターンって本当にキツイですよね。

 

「デートが無理なら無理って言ってくれ!!」

 

って、相手の女の子についつい過去の僕は言いたくなってました^^;
(チキン野郎なんで、言えませんけどね・・・)

 

 

 

っと、いうことで今回もオテモ君にアドバイスを出す前に・・・・・

 

 

質問タイムです!

 

 

これから僕はオテモにアドバイスをしていくのですが、
あなただったオテモにどのようなアドバイスをするでしょうか?

 

さぁ考えてみましょう!

 

今回はいつもよりも少し難しめかもしれませんが
頑張ってください!!

 

頑張れば頑張るほどあなたの恋愛レベルはよりUPしますよ〜

 

 

さて、良い答えは導き出せたでしょうか?
それでは、アドバイスをしていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オテモ君へ

 

会話も悪い感じがしないし、メールも帰ってくる。
だけどデートの誘いは応じない・・・

 

このような現状って中々厳しいですよね^^;

 

なぜなら、どこがダメだかの原因が今ひとつはっきりしないから
改善しようにもどこを改善したらよくわからないですからね。

 

 

 

しかーし!

 

 

 

よーーく考えれば改善点は必ず見つかるものです。

 

 

おそらく、今回オテモ君があずきさんを
デートに誘えなかったのは、連絡を交換した後の
態度が非常に大きかったと思います。

 

なぜなら、オテモ君はあずきさんに連絡先を教えて貰った後に
すぐにデートの誘いをしているからです。

 

これは行動自体は別にそんなに悪くないのですが、
今回の場合は、まだあずきさんとあまり仲良くなってないうちに
デートの誘いをしてしまったことにより、

 

あずきさんはオテモのことを普通の友達として見ていたのに、
オテモが自分のことを恋愛目線で見ていることに気づき、

 

「どうしよう・・・・オテモ君は悪い人じゃないけど、好きでもない人とデートするのはちょっとな。」

 

っとなり、今回のような行動をおそらくとったのでしょう。

 

ちなみに、デートの断られても普通に会話をしてくれたり、メールをしてくれたりするのは
おそらくあずきさんにとってオテモ君は友達としてはokだからな可能性が高いです。

 

 

しかし、何度もデート誘っていると「この人・・・・・しつこいなー^^;」っと思われて、

そのうちに会っても距離を取られたり、メールを送っても返信がこなくなったりします。

 

 

オテモ君の場合はおそらくこの一歩手前だったのではないかと僕は思います。

 

 

ですから、オテモ君が一番最初にしなきゃいけなかったのは
あずきさんとの関係を「友達」から「ちょっと気になる人」に仲を深めなければならなかったのです。

 

 

しかし!

 

 

「相手は社員でそんなに話もできないし、デート以外に深めるのはキツイじゃん!」

 

っとオテモ君は言うかもしれませんね(笑)

 

そこでオテモ君にアドバイスするとなると

 

「友達」から「ちょっと気になる人」にしたいのであれば、
友達を誘ってみんなで飲みに行ったり、遊びに行ったりすれば良いのです。

 

なぜなら、複数人で集まるのであったら、女の子も気軽な感じで会えるので
okしてもらえる確率が、二人っきりで誘うよりかもグーンと確率がUPするのです。

 

また、みんなで集まることによってデートの時よりも
色々な相手の情報も聞けるので、

 

この時にちゃんとリサーチしておけば、
後でデートにとても誘いやすくなるのです。

 

 

 

例えば

 

友達同士で飲みに行っている時にその子が「お肉大好き」ってことがわかれば、

デートに誘う時に

「おいしい焼肉屋さんを知っているから今度一緒にいかない?」

って誘えますし、

 

またまた、

「動物が好き!」

っということがわかれば

動物園に誘ってみたりと、

 

 

複数人で遊んでいると色々な相手の情報が
自然と入ってくるので、とってもお得なのです。

 

ですから、相手のとの関係をまだ深めていないと感じている場合は
ぜひ、複数での遊びや飲みを提案することをお勧めしますよ^^

 

しかし、注意点としては、

 

もしデートに誘ってokを貰えたとしても、
女の子によっては二人っきりで会うにも関わらず
「ただの友達」としか見ていない女の子も中にはいます。

 

 

ですから、必ずしも「デートに来る子=自分に気がある子」ではないので、
焦っていきなり口説かないように注意してくださいね。

 

 

特に

「ご飯おごるから一緒に行こうよ^^」

とか言うと

「自分に気があるから来る」or「タダ飯が食えるから来る」

の違いがわからなくなるので、個人的にはあまりお勧めはしません。

 

ただ、恋愛に自信があってデートで印象を良いものに変えられるのであれば、
このような呼び方でも良いかもしれませんけどね。

 

 

っということでアドバイスはここまでになります。

 

 

しかし、オテモ君は徐々に成長してきてますね^^

 

まさか普通にJKと話せる日がくるとは驚きでした(笑)

 

しっかり成長はしてきていますので、
失敗の教訓に生かして、今後も頑張ってくださいね^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・・・・・どうだったでしょうか?

 

「相手がデートの誘いに応じない!」

 

っという経験がある人は、次回は
是非、友達を巻き込んで誘ってみてください。

 

きっと相手はokしてくれると思いますよ。
(むしろダメだったら相手に嫌われている可能性が高いのでヤバイです^^;)

 

それと焦る気持ちはわかりますが、

 

オテモ君・・・・っというか過去の僕みたいに
焦ってすぐにデートに誘うと大抵okを貰えずにダメなので、

 

まずは上記のような手段等を参考に、
しっかりと相手の女の子と仲良くなっていきましょうね^^

 

 

・・・・・っと言う事で今回のココまで!

 

 

では、今回の教訓から最後に一言

 

「デートの前に友達を含めて好きな子と遊ぶと良し!」

 

以上、第五回 オテモ失敗日記でした。

 

 

 

→10日間で彼女ができるようになる、モテるようになる企画を始めました

 

 

 

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495 4520260207149g
button_002

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人・オテモ



こんにちは、オテモです。
(プロフィールはコチラ

このサイトは、元・対人恐怖症の彼女いない歴=年齢男の僕が、頑張っても彼女が作れない人のための応援サイトです。

僕は15歳〜23歳の8年間という非常に長い年月をかけ、やっとの思いで彼女を作る事に成功し、今では彼女で出来ない劣等感を抱える事なく幸せに過ごしております^^

その歩みを物語にしてみましたので宜しければご覧ください。僕がどのような人でどのように彼女を作ったかが丸わかりです(笑)

〜オテモの大逆転恋愛物語〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もくじ

オテモ@一押しコンテンツ!!

メールフォーム

恋愛運を上げよう↑↑

フォロー宜しくお願いします⭐︎

☆ブログランキングに参加中☆


純愛 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛下手へ
にほんブログ村

記事が面白かったり、タメになったら応援クリックをヨロシクお願いしますm(_ _)m