第一回 オテモ失敗日記 中学生編 緊張して萌えーな好きな女の子に話しかけることができません!!!!!

この記事は6分で読めます

lgf01a201305061300

こんにちは、オテモです。

 

このコーナーでは

僕が今まで恋愛で失敗をした出来事を元に
彼女ができるようになった今の自分が、過去の自分にアドバイスをするコーナーです。

 

「え?過去のオテモの恋愛の失敗って『〜オテモの大逆転恋愛物語〜』に既に載ってたじゃん!」

 

っと思う方もいらっしゃるかと思いますが、

 

『〜オテモの大逆転恋愛物語〜』に載せた失敗は

 

『ほんの一部』

 

であり、僕は他にも多くの恋愛での失敗をしているのです。

 

過去の僕は今の僕から見るとどっからどう見ても

「コイツ絶対モテない男だ!!!!!」

っと思うヤツなので(笑)

 

彼女が出来ず&モテずに困っている人には
とても参考になると思います^^;

 

それでは、自分の過去を暴露するのは正直恥ずかしいのですが、
思いきってやっていきますね!

 

 

 

第一回 オテモ失敗日記 中学生編

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この話の時系列は

第1章 生まれた時から人見知り男「オテモ」の非モテ道の始まり

第2章 高校デビューで大火傷!!オテモの悲しい末路・・・

の間でオテモが高校デビューを思いつく前の出来事となっております。

(まだ『〜オテモの大逆転恋愛物語〜』を見てない方は先にこちらを見てね!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

佐藤、小島に彼女が出来ていて、さらに小島に屈辱的な言葉を言われたオテモ。

その悔しさからオテモは

 

オテモ「自分も彼女を作ってやる!」

 

っと思い、女の子が苦手だったのですが悔しさのあまり行動することを決意しました。

 

だけど・・・・・

 

女の子を避けてきたオテモにとっては、
彼女を作るどころか、女友達が1人もいません。

 

しかし、小島に言われた屈辱的な言葉から

オテモ「そんなの関係ねーー!!!」

っと某海パン一丁の芸人のように気持ちを奮い立たせて
どうにかして彼女を作る事を決意しました。

 

そんなオテモの彼女候補は、同じクラスの野田さん(仮名)

 

野田さんは、目がパッチリしていて、髪はストレートのさらさらのセミロング、
肌は色白で、声が萌ぇーなアニメ声(笑)

そして、性格も明るくて、とても良い子であり、
クラスの男子が勝手に作った、

「クラス中のかわいい子ランキング」

でベスト3に必ず入っているような女の子でした。

 

そんな萌ぇーな野田さんをオテモはクラスが一緒になった時から一目惚れをしていたのです。

 

しかし、女性と話す事から逃げてきたオテモは、
まだ一度も萌ぇーな野田さんとちゃんと話した事はありません。

 

オテモ「急に話しかけたら変だし、キモがられたら終わりだしな・・・・・」

 

萌ぇーな野田さんとオテモは仲を深めたいのですが
機会がないのでとにかくオテモは

「どうか野田さんと話す機会を設けられますように!」

っと毎日神様に祈りってました(苦笑)

 

 

 

そして、数週間後・・・・・

 

その奇跡の祈りが通じたのか
クラスの席替えで何と野田さんと隣通しになったのです!!!!!

 

オテモ「やったぁぁーーー!!!!!神様ってマジでいるんだーーー!!!!!」

 

一気に有頂天になるオテモ。

 

そして、新しい席になって隣になった野田さんから

野田さん「オテモくん、これからヨロシクね☆」

っと挨拶をされ、勘違い野郎のオテモはすっかり

 

「神は味方についているから野田さんと付き合えるに違いない」

 

っと思い込んでいました。

 

 

しかし!当然ですが現実はそんなに甘くありません。

 

 

席が隣になったことは良いのですが、

 

女の子とまともに喋った事がないオテモは、野田さんに声を掛ける事ができないのです。

 

オテモ「何て声を掛けたらいいんだろう・・・・・。どうしよう。わからない。」

 

そう、女の子とまともに喋った事がなかったオテモは
最高の環境にいるはずにも関わらず、野田さんに何て話しかけたら良いかわからなかったのです。

 

また、頑張って話しかけたことも
一、二度あったのですが、

 

オテモ「きょ、今日の数学難しかったね」

野田さん「ん、そうだねー最近難しいよねー」

オテモ「だよね〜・・・・・・・・」

野田さん「・・・・・・・」

オテモ「(会話が繋がらねえよorz)」

 

っと、会話が全然繋がらず、
とても悲惨な結果に終わりました・・・・。

 

そんな感じであっという間に月日は経過し、
また新たな席替えとなり、
オテモは結局野田さんに何も出来ませんでした・・・・・。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

う〜ん、今となっては本当に懐かしい思い出です。。。。

 

萌ぇーな野田さんとは結局連絡先も交換しなかったので、
今頃どうなっているか気になるところです(苦笑)

 

さて、僕の心境はどうでも良いとして
今回の僕の過去の体験談を話しましたが、

 

この経験談から肝となるのはやはり

 

せっかく好きな事近くになれる環境になったにも関わらず、
何を喋ったら良いのかわからない。

or

喋りかけたとしても会話がすぐに終わってしまう

 

っと言う部分だと僕は感じます。

 

そこで彼女が出来るようになった僕から
過去の自分へのアドバイスはこのようにします。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・っと、アドバイスに入る

その前に!ここで唐突ですがあなたに問題です!

 

 

これから僕は過去の自分に向かってアドバイスをしていくのですが、
どのようなアドバイスをするでしょうか!?

 

 

少し考えてみましょう!

 

おそらく僕の記事を呼んでくれている方にとっては
超イージーな問題になっていると思います。

 

 

考えてからアドバイスを読むと理解度が増しますので、
真剣に考えてみてくださいね!

 

 

 

しっかり考える事ができましたでしょうか?

それでは早速、今の僕が昔の自分に向かってアドバイスをしていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オテモ君へ

 

好きな事近くにいる環境になったのに
何もできないなんて歯がゆすぎますよね。

 

さぞかし悔しい思いをしたでしょう。。。

 

そんなオテモ君にアドバイスをするとなると

 

まずは何を話したら良いかを見つけるために
相手の女の子を良く観察しましょう。

 

例えば、

 

中学生の女の子であれば自分の持ち物に好きなキャラクターや芸能人(ジャニーズ)のものが
入っている事が多いので、それをきっかけに

「○○ちゃんってそのキャラクターが好きなの?」

っと話す切り口ができますよね。

 

また、休み時間にその子が他の友達との会話が盛り上がっていたら
席が隣であれば、授業が始まる前に

「何か盛り上がっていたけど、何の話してたの?」

っと話しかけられます。

 

またまた、その女の子の方が頭が良さそうであれば
授業中にわからないところを聞いてみるのも全然ありですよね。

 

このように相手のことをキチンと見てあげれば
会話のきっかけ腐るほど出てくるのです。

 

また、より会話を盛り上げるならお互いの共通点がある話がベストです。
なので、オテモ君の数学の話はとても良いと思いますよ。

 

 

「・・・・え?でも、全然盛り上がらなくて失敗したって?」

 

 

なるほど・・・・・・・・でも、それはしょうがないと思います。

 

なぜなら、少し酷な意見となりますが、
今まで女の子とあまり喋った事がない人が
いきなり女の子と盛り上がる会話をすることは難しいのです。

 

野球で例えれば、

バットの振り方を覚えて、いきなり

「ホームランを打て!!!」

っと言っているようなものです。

 

ですから、一度、二度だけで話しかけ、
失敗したからもう辞める・・・・ではなく、

 

先ほど述べた会話の切り口をきっかけに
何度も勇気を持って挑戦していきましょう。

 

勇気を頑張った分だけ会話は本当に上手になりますよ。
また、失敗するのが怖かったらあらかじめ好きな女の子に

「俺、女の子と話すの苦手なんだ。」

っと言っておけば良いのです。

 

そうすれば、相手の女の子は、会話を失敗したとしても

 

「会話が苦手って言ってたもんな・・・・・しょうがないか。」

 

っと、その後が気まずくならなくなりますからね^^

 

以上がアドバイスになります。

 

オテモ君、頑張ってね^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

・・・・・オテモ君は女の子慣れしていない結果
その緊張から会話に困っていたのであって、

 

冷静に考えれば会話のネタなんて
相手の事をよく観察していれば山ほど出てくるんですよね。

 

また、会話が止まるのは体験上からも言えるのですが圧倒的に
女のとの会話の経験不足が多いです。

 

よく巷の恋愛のアドバイスでは

「会話に困ったら、連想ゲームみたい考えればどんどんネタが出てきます!」

と言っていますが、

 

女の子と話すのに緊張や苦手意識を持っている人は
テンパってしまって連想ゲームみたいに考える事がその場では出来なくなります。

 

なので、恋愛テクニックがどうこうよりも
まずは「数」をこなしていって慣れていく事がとても大切です。

 

喋りかけるのが怖い場合は、オテモ君にも言いましたが

「女の子と話すのが苦手」

っと相手に言っておけばokですしね。

 

 

 

・・・・・っと言う事で今回のココまで!

では、今回の教訓から最後に一言

 

「緊張して萌えーな女の子に話しかけられなかったら、まずは相手をよく観察しよう!」

 

以上、第一回 オテモ失敗日記でした。

 

それではまた、お会いしましょう!

 

 

 

→10日間で彼女ができるようになる、モテるようになる企画を始めました

 

 

 

 

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495 4520260207149g
button_002

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人・オテモ



こんにちは、オテモです。
(プロフィールはコチラ

このサイトは、元・対人恐怖症の彼女いない歴=年齢男の僕が、頑張っても彼女が作れない人のための応援サイトです。

僕は15歳〜23歳の8年間という非常に長い年月をかけ、やっとの思いで彼女を作る事に成功し、今では彼女で出来ない劣等感を抱える事なく幸せに過ごしております^^

その歩みを物語にしてみましたので宜しければご覧ください。僕がどのような人でどのように彼女を作ったかが丸わかりです(笑)

〜オテモの大逆転恋愛物語〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もくじ

オテモ@一押しコンテンツ!!

メールフォーム

恋愛運を上げよう↑↑

フォロー宜しくお願いします⭐︎

☆ブログランキングに参加中☆


純愛 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛下手へ
にほんブログ村

記事が面白かったり、タメになったら応援クリックをヨロシクお願いしますm(_ _)m